2011年10月12日

30試合連続安打! 阪神・マートン!

今日は、駅へ行く途中のコンビニで
なぜか東京中日スポーツのみ売り切れ
が3軒連続で続き、「何が一面なのか?
たぶん、中日だろうが」と思いつつ、
とりあえず、阪神一面のデイリーを
久々に買いました(報知を除く主要
3紙はサッカーが一面。8対0の勝利では
スポーツ紙も売れないでしょうね)。

さて、昨日は例の如く、パリーグライブ
TVで「日本ハム×西武」戦を見ていた
のですが、ダルビッシュがまさに非の
打ち所のないピッチングで完封。マー君、
ソフトバンクのホールトンと並ぶ18勝目
を上げました。

さて、ダルビッシュもすごいのですが、
今日取り上げたいのは、久々に「セリーグ
ネタ」で、阪神のマートンです。

この、マートン、読者の皆様も覚えている
かと思いますが、昨年、イチローの持つ
年間最多安打記録を更新しました(もっと
も、イチローのときは試合が14試合少ない
130試合制でしたが)。

今年は、出だしがあまりよくなく、「去年
はフロックか」と思うこともありました
が、ここへ来て、本領発揮、というか、
昨年の最多安打記録に続き、日本球界に
新たな記録を残しそうですので、あえて
今日はマートンを私的には「一面」で
行きます。

さて、日本で連続試合安打記録保持者は
誰でしょう?

イチロー? 王さん? 張本さん?

みんな、不正解。

正解は・・・

元広島(現千葉ロッテ二軍監督)の高橋
慶彦です。

彼は、1979年に33試合連続安打の日本
記録を作っています(ちなみに大リーグ
はジョー・ディマジオの56試合連続!)。

その記録、私は確か、小学2、3年の頃
だったと記憶しますが、当時千葉の市川
に住んでいて、我が家は毎日新聞を購読
していました。

当時から新聞の切り抜きが好きだった
私は、ヨシヒコ(愛着もこめて、こう
呼ばせてください)の記事を毎日新聞の
スポーツ面から切っては、コレクション
していました(残念ながら、そのコレク
ションは、いつしか、実家で処分された
のか、見つからなくなってしまいました)。

そこで初めてヨシヒコの名前を知った
のですが、当時まだ20代前半だったと
記憶しています。

その頃は、「すごいなあ」と思いつつも、
「いずれ、誰かが抜くんだろうなあ」と
思っていましたが、あれから32年、未だ
ヨシヒコの記録を抜く野球選手は現れて
いません。

20数試合連続安打になる選手は結構いる
のですが、そこで記事で大きく取り上げ
られるからでしょうか、その先が続き
ません。

イチローもオリックス時代に20数試合
連続安打は何度かあったと記憶しますが、
ヨシヒコの記録を超えることはできません
でした(大リーグへ行ってからも)。

私が何を言いたいかというと、それくらい
連続試合安打は難しい、ということです。

マートンは、あと3試合でヨシヒコに並ぶ
ところまで来ました。

どうですかね、マートン自身はおそらく
連続試合安打記録といえば、ディマジオ
の56試合の方が頭にあるのではないかと
思います。

ですので、日本人選手のようなプレッシャー
は感じないのではとも思います(昨年の
210安打越えのときのように)。

両リーグのCS争いも熾烈を極めていますが、
このマートンの連続安打記録、もっと注目
されてよいでしょう。

阪神はあと12試合残しています。

なんなら、残り試合全部打って、42試合
連続にして、来期、ディマジオの記録を
抜いてみないか、マートン?

期待しています!
posted by あらやまはじめ at 20:15| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村