2011年10月02日

競馬はソフトバンクの優勝より大事か?

あってはならない事態がまた
生じました。

昨日のブログでソフトバンクの
パリーグ優勝を取り上げました
が、本日のスポーツ紙で一面で
扱ったのは、日刊スポーツと
東京中日スポーツの二紙のみ
でした。

これが、今の野球の現実ですか?

他の4紙はすべて競馬が一面。

みなさん、競馬って、そんなに
大事ですか?

私は競馬に全く興味がなく、競馬
中継も見ませんし、賭けもしません。

そりゃあ、シンボリルドルフとか、
ナリタブライアン、武豊、最近
では、ほしのあきと結婚した三浦
皇成くらいは知っていますが、
あくまで「ニュースになるから
知っている」というレベルです。

私の亡き父も競馬が好きな時期が
あり、私が小さい頃、中山競馬場
へ連れて行かれた記憶があります
が、その後私が全く競馬場へ行って
いないことを思えば、「もともと
肌に合っていない」のかと思います。

他紙のことを言っていても始まり
ません。

日刊さん、東中さん、ありがとう
ございました!

あなた方が一面にしてくれたおかげ
でソフトバンクの一年の労もねぎら
われましたよ。

私はソフトバンクのファンではあり
ませんが、それでも、優勝の瞬間と
いうものは、チームの垣根を越えて
感動するものがあり、それは、一年
の集大成として、大きくマスコミに
取り扱われるべきと私は考えています。

「裏一面」じゃ、ダメなんです(蓮舫
ではありませんが)。「一面」じゃ
なければ、価値は半減します。

世の人々は、「ソフトバンク優勝?
まあ、関係ないや。競馬で儲けよう」
と思いかねません。

このようなときに、スポーツ紙の真価
が問われます。

以前から私が推していた、日刊と東中
の素晴らしさが伺えた一日だったかと
思います。

他紙は他紙で、各社の方針があるで
しょうから、私はこれ以上なんとも
いえませんが、このように思っている
者が少なからずいることを知って頂け
ればと思います。
posted by あらやまはじめ at 19:45| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡ソフトバンクホークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村