2020年11月29日

【2020年プロ野球日本シリーズ・総括】ソフトバンクの4タテでの4連覇は見事でしたが、翌日の関東圏のスポーツ紙では1紙も一面にせず・・・裏一面も東中のみ、これをどう見るか?

今年の日本シリーズは、予想どおり、
ソフトバンクの4タテであっという間
に終わってしまいました。

もっとも、25日にソフトバンクの
日本一が決まってから、4日経って、
ようやっと、当ブログで書けます。

なにしろ、我が身のことで恐縮ですが、
本当に時間がありませんでした。

まあ、私の記事を待って下さる読者の
方もそこまでいらっしゃらないかとは
思いますが、一応、毎年の「恒例行事」
とも言えますのでね。

日本シリーズの結果と総括に関しては。

当ブログでは第3戦までは【速報】で
書けましたが、第4戦を少し振り返れば
・・・。

今シリーズで初めて巨人が初回に先制
するも、すぐにソフトバンクの柳田の
ホームランで逆転され、その後は巨人は
成すすべもなく、あっけなく敗れました。

ソフトバンクの見事さだけが浮き彫りと
なった日本シリーズでした。

しかしねえ、気になったのは、翌日の
関東圏のスポーツ紙の一面ですよ。

6紙ありながら、ソフトバンクの4連覇を
一面にしたスポーツ紙は皆無。

裏一面に関しても、私は全紙チェック
しましたが、なんと、東京中日スポーツ
の1紙のみですよ。

これをどう見るか?

私はねえ、「日本のプロ野球もアメリカの
大リーグに近付いてきた」ように感じたと
いうのが正直な感想です。

私も若い頃、今から30年近く前にアメリカに
4年間留学していました。

アメリカでは、当時の日本の巨人のような
チームはありませんでした。

それは、フランチャイズ制が根付いていた
からです。

日本で言う「全国区のチーム」はアメリカ
では、当時も今もありません。

あえて言えば、ヤンキースが巨人に近い
かもしれませんが、ニューヨーク以外の
地域の人々は、ヤンキースの試合など、
年に一度見るか見ないかでしょう。

ほとんどは、地元のチームの試合しか
見ませんから。

余程の野球ファンでない限りは。

今回、4連覇を達成したソフトバンクに
関しても、その試合を見る人は福岡並びに
九州のファンに限られていることは間違い
ない。

関東圏では、ソフトバンクの試合はNHKで
デーゲームが年に何試合か放映されますが、
地上波ではほとんど放映されません。

我が家のように、「プロ野球を全試合見ら
れるように」と、ケーブルテレビを昔から
引いている物好きな家庭もそんなに多くは
ないはず。

よって、関東圏のスポーツ紙でソフトバンク
の4連覇を1紙も一面にしなかったことも
よく分かります。

そもそも、ソフトバンクを一面にしても、
関東圏ではスポーツ紙は売れませんから。

でも、「それでいい」んですよ。

ソフトバンクを応援したければ、福岡に
行けばいいんです。

なんなら、福岡に住めばいい。

毎日中継を見られるし、連日ソフトバンクを
一面にする「西日本スポーツ」だって読む
ことができる。

フランチャイズ制がそれだけ日本にも根付いて
きたということです。

喜ばしいことじゃないですか。

・・・唯一、かつての「全国区」の球団であった
巨人だけが、宙ぶらりんになっているのは、
仕方がないかもしれません。

全国区であったが故、いざ、フランチャイズ
制が根付くと、「根無し草」のような存在の
巨人が一番困る。

「東京以外のファンは捨てる」くらいでいいん
じゃないですか、私に言わせれば。

かつてのように日本全国で巨人戦を地上波で
見られる時代は終わりました。

であれば、「せめて、東京だけでも巨人を
応援してもらう」べく、努力をすべきだと
思うんですがねえ。

「二兎を追う者一兎を得ず」ですよ。




*興味深い一冊、見つけました! ↓



posted by あらやまはじめ at 23:45| 神奈川 ☁| Comment(0) | スポーツ紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村