2022年05月18日

【巨人・中島宏之を愛でる!】かつての「西武のプリンス」が大リーグ、オリックスと不遇の時代を乗り越え、輝きを放っている姿は、観ていて清々しい!・・・なんとしても、2000安打、達成してほしいですね

昨日の話になりますが、どうしても取り
上げたく、記事にします。

巨人の中島宏之ですよ。

39歳。

もはや「ベテラン」と呼ばれる年齢になり
ましたが、そのバッティングの勝負強さは
年々増しているのではないかと思うくらい、
ここ最近の中島の姿はかつての輝きを取り
戻しつつあります。

つい先日は満塁弾を放ち、昨日は巨人移籍後
初のサヨナラヒット。

その勝負強さは、観ていて清々しい!

私にとって、中島宏之という選手は、やっぱり
西武時代のイメージが非常に強く、その甘い
ルックスも相俟って、それはそれは「西武の
プリンス」でしたよ。

(*「ミスターライオンズ」と評されては、
こういうDVDも過去には発売されています。↓)




西武時代にはクリーンアップの一角として
中距離バッターとして、日本一も経験した
中島は満を持して大リーグに挑戦します。

しかし、大リーグへ昇格することは一度も
なく、日本に戻ってきては、オリックスで
プレーすることになりました。

私もオリックス時代の中島を何度となく、
ケーブルテレビの中継で見てきましたが、
なんでしょう、「やる気があるのかな」
と思うことがしばしばありました。

オリックスをクビになると、巨人の原監督
が中島をすぐに獲得しました。

WBCの監督時代に、中島の勝負強さを評価
していたことが大きかった。

巨人に移籍した2019年はあまり活躍でき
ませんでしたが、2020年にはそれなりに
成績を残し、「中島、ここにあり」を印象
付けました。

この頃だったでしょうか、デッドボールを
食らった中島がマウンドの相手ピッチャーに
向かっていったのが話題になったのは。

「武闘派」としての一面も見せました。

今日、私は中島が一面の報知新聞を購入
しましたが、シーズン前、坂本と一緒に
トレーニングをしていることが書いて
ありました。

坂本は年々、練習を増やしているそう
ですが、中島も坂本同様に練習をして
いると。

中島の今季の好調ぶりは決して「たまたま」
ではなかったんですなあ。

まあねえ、大リーグに昇格できず、オリックス
で不遇の時代を過ごし、それでも腐らずに
人気球団の巨人で輝きを取り戻すというのは、
ちょっと私も予想していませんでした。

こうなったら、中島には何が何でも2000安打、
達成してほしいですね!



*中島のサイン入りカード!・・・オリックス時代
のものです。↓




posted by あらやまはじめ at 22:47| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読売ジャイアンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村