2016年09月29日

【やや速報】「番長」三浦大輔の引退試合は、ラミレス監督も腹をくくった、なんと6回で10失点でも降板させず…ですがね、DeNAの選手たちの思いは、見ていて痛いほど伝わってきましたよ、ナイスゲームでした!

シーズン終盤になると、どうしても、
「引退試合」というものが発生します。

それは、それぞれのチームの功労者を
労うという意味で、さらにはファンに
対する感謝という意味でも、私は
重要な「儀式」だと思っています。

ですが、CSの導入以来、両リーグ共、
「捨て試合」というものは、少なくなり
ました。

ですので、DeNAが今日、三浦の引退
試合を行うにあたっても、懸念すべき
ことはありました。

DeNAは、昨日まで2位争いの真っ最中
だったからです。

しかし、昨日、巨人が勝ったことにより、
幸か不幸か、DeNAは3位が確定しました。

これにより、今日の三浦の引退試合は、
非常に見応えのあるものとなりました。

これが、2位争いをしているチームで
あれば、今日の三浦の出来からすれば、
1回か2回で降板だったでしょう。

正直、三浦は、もはや、「一軍レベル」
の投球ができる状態ではありません
でした。

2回までに4失点。

しかし、DeNAは、今日が最後の登板の
三浦をなんとしても勝たせたかった。

だから、2回裏に追いついた。

さらには逆転までした。

ところが・・・。

三浦は、メッタ打ちに近い状態で、
結果的に6回までに10失点。

それでも、ラミレス監督はある時点で
腹をくくったんでしょうなあ。

6回裏の三浦の打席でも代打を出さな
かった。

7回表、三浦が最初のバッターをアウト
にすると、ついにそこで降板となりました。

・・・こういう試合は、いわゆる「引退試合」
でも、私は見た記憶がありません。

監督が腹をくくってねえ、ナインは
なんとか三浦に勝たせようと、いつも
以上に必死にプレーしていた。

この思いは、ファンならずとも、見て
いて、痛いほど伝わってきましたよ。

私は一言、「ナイスゲーム!」だったと、
労いたいですね。

三浦は幸せ者です。

最後の最後に、このような試合ができてね。

「長いこと、お疲れ様でした」と、改めて
言いたいですよ、三浦には。



*三浦大輔モデル、記念にどうぞ。↓


posted by あらやまはじめ at 22:01| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜DeNAベイスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村