2017年01月19日

【日刊スポーツ】一面の「稀勢 焦るな 落ち着け 硬くなるな」のデカ字は、日本国民の願いです・・・閉店する地元牛久の「イズミヤ牛久店」のくす玉を無駄にしてはいけませんよ

先程、私は大相撲初場所十二日目の
速報を姉妹ブログの「大相撲ブログ」
で更新しましたが、現在1敗で単独
トップの稀勢の里は、今日も勢相手に、
時間はかかりましたが、勝利を収め
ました。

その記事でも触れましたが、今日、
稀勢の里が日刊スポーツで初めて
一面になりました。

長年スポーツ紙を日々購入している
私ですが、稀勢の里が一面になった
のは、これまで、スポニチ、サンスポ、
報知、東中のみです。

今日は東中でも一面にしていましたが、
私は日刊スポーツを購入しました。

一面の見出しは次の通りでした。

・「稀勢 焦るな 落ち着け 硬く
なるな」


・・・これねえ、もはや、日本人横綱を
願う日本国民の願いと言ってもいい
のではないでしょうか。

「国民の総意」といっても過言では
ない。

宗教、あるいは、政治的立場を度外視
しても、稀勢の里の横綱昇進を願わない
日本人はほとんどいないでしょう。

40年あまり相撲を見続けてきた私
から見ても、稀勢の里は今場所
初優勝を飾れば、即、横綱昇進の
可能性が大です。

ただ、日馬富士と鶴竜の2横綱が
今場所は途中休場していますから、
千秋楽で当たる白鵬に勝って、
14勝1敗の優勝でなければ、横綱
審議委員会から異論が出るかも
しれません。

まあ、詳しくは、私の大相撲ブログ
をご覧下さいませ。

当ブログの倍以上の濃さで記事を
書いていますので。

(*今日の記事はコチラです。↓)

・【平成29年大相撲初場所・十二日目速報】稀勢の里の快進撃の一方で、琴奨菊の大関陥落は残念ですが、来場所関脇で二桁を上げるべく、捲土重来を期待したい・・・豪風、37歳、大関戦の勝利は久々、良かったですね
http://sumoarayama.seesaa.net/article/446099298.html


今日の日刊スポーツ一面で気に
なったのは、稀勢の里の地元、
茨城県牛久市の話題ですよ。

こういうのは、スポーツ紙を
読まないと分からない。

稀勢の里もかつて通った牛久の
総合スーパー「イズミヤ牛久店」
が2月1日で閉店するそうです。

この店、2012年の夏場所、稀勢の
里があわや初優勝、という時に、
優勝を期待してくす玉を作ったと。

ところが、その後、稀勢の里が
優勝に近付いては届かないため、
倉庫に置かれたままだそうです。

古くなって一度作りなおしたそう
ですが、閉店間際、最後の最後に
そのくす玉の「出番」が来るかも
しれないという・・・。

これはねえ、無駄にしてはいけ
ませんよ。

というか、地元に限らず、全国の
稀勢の里ファンが、似たような
ことを個人的に試みていたかも
しれません。

今場所を逃したら、ホントのホント
に、優勝できないまま、引退する
可能性もあります。

横綱昇進はおろかね。

残り3番です。

明日の豪栄道戦は、今日、豪栄道が
遠藤戦で右膝を痛め、下手したら
休場しかねませんが、出場したと
しても、いつもどおり、「焦らず、
落ち着いて、硬くならず」に取り
組んでほしいと思いますね。

ここまで来たら、何が何でも、
大願を成就してもらいたいもの
です。


*ラーメンもできました、頑張れ! ↓







posted by あらやまはじめ at 19:51| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村